ときたま蟹工船生活

ときたま蟹工船生活をしているTV業界出身のWeb Directorです。トータルワークアウトでのトレーニング、ランニング、ヨガ、ぼちぼちダイエット、仕事のことなど、アラフォーな日々のつれづれを綴っております。すあまが大好物です。

指原莉乃を好きなわけ

今日は久々に家でマターリデー。

ちょっと時間ができたので、
先日のAKB48 選抜総選挙の1位獲得から
少し時間があいてしまいましたが、
私がここ3年位応援している、
さっしー、さしここと、指原莉乃 ちゃんのことを
書こうと思います。

「恋するフォーチューンクッキー」センター指原莉乃

先日、評論家の宇野常寛さんが書いたこんな文章を発見しました。

【特別掲載】さしこのくせに生意気だ:宇野常寛「THE SHOW MUST GO ON」より全文を抜粋!

そう、ほんとにこの通りなのです。
やっとまっとうな、指原評をみた!


======以下、引用文=======
この一年、もっとも強い物語を生きたメンバーは間違いなく指原だ。躍進とその後の転落があり、そして流された新天地で成果を上げる。それも自分だけではなく、若い博多のメンバーを見出し、引っ張ることで成果を上げたのだ。ファンはそんな彼女の一年を、素直に評価したのだ、と。短い時間だったけれど、ある程度は全国の視聴者に伝わったのではないかと思う。

 あれから半月が経って、総選挙の結果についても語り尽くしたような気がしている。今思うと、大島優子のような(あの前田敦子に唯一対抗し得た)超人を倒すには、単にアイドルをやっているだけではダメだったのではないか、とも思う。たしかに渡辺麻友は素晴らしいアイドルだ。限りなく完璧に近い。僕も大好きだ。しかし、今のまゆゆはアイドルというものの定義を更新しない。しかし、指原には(結果的にだが)それができる。あの優子を倒すには、言ってみれば裏道から入ることが、(いみじくも優子自身が述べたように)優子という絶大な壁を突破するには横からすり抜けていくしかなかったようにも思う。
========================

私は、仕事
(=芸術など表現のお仕事ではなく、いわゆる一般サラリーマンのお仕事)
において
正しいことをひたすら押し通そうとすることや
勝ち目がないのに体当たり勝負することに、あまり美徳を覚えません。
それは、そうすることで、自分で可能性を狭くしたり、
難易度をあげたり、失敗したダメージが大きくなると思うから。

世の中って、プロセスよりも結果がすべてなことが多い。
私は、これまでの価値観や、前例にとらわれずに
「どうしたら労力少なくゴールに近づけるか、目標を達成できるか」を
臨機応変に考えて、実行してゆくことに
重きをおきたいのです。

そのためには、さっしーのように
自分の強みをうまく使って勝負するべきだし
かけひきや調整、妥協もつきものだし、
「腹黒さ」も絶対必要。
ちなみに私は「腹黒い」と言われても、全然傷つかないし、
むしろ少し嬉しかったりします。

もちろん、絶対ゆずれないものはありますが、
それは私の存在価値(根幹)にかかわる、
そもそもの部分なので、半沢直樹さんのように
日常の業務で問題になることは、基本的にありません。

また、コーチングで学んだのですが、私は
「自分が納得していれば、他人に何を言われようと気にしない人間」
ではなく
「他人に認めてもらい、評価されて自分の存在意義を認識する」
タイプの人間なので、まわりを敵にまわすことは
自分にとっても何もいいことがないのです。
そう、前田敦子タイプではありません。
完全に、指原莉乃タイプです。
人とのつながりの中で、うまくまわりを巻き込んで
自分の価値を見出したい。

そんな思考の持ち主なので、
さっしーの生き方は、非常に好感がもてるし、励みになります。
歌やダンスがイマイチでも、そこまで可愛くなくても
後輩に頼られて組織(HKT48)の大黒柱となり、
先輩にも可愛がられて愛される。しかも1位をとってしまう。
「アイドルヲタ」であるという強みを存分にいかしながら。

そして、さっしーは表には見せないけれど、
人一倍努力をしているはずです。
それが彼女の“強さ”の源になっている。
この「表に見せない」というのが私は好きで
横山由依ちゃんや、渡辺麻友ちゃんみたいに、
努力が自然とにじみ出てきてしまうのは、
(あくまでも)個人的にあんまり好みではありません。
同性のせいか、女性の頑張ってるアピールを見るのが苦手というのが
根本にあるかあらかな。
なので「努力を評価する」という論点も嫌い。
「努力がもたらした結果を評価する」べきだと思います。

さっしーから学ぶことはとても多いです。
これからもずっと応援してゆくぞー。

いつもご覧頂きありがとうございます!ポチッとして頂けると励みになります
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 40kg台)へ にほんブログ村「目標体重40kg台」
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ にほんブログ村「ダイエット体験記」