ときたま蟹工船生活

ときたま蟹工船生活をしているTV業界出身のWeb Directorです。トータルワークアウトでのトレーニング、ランニング、ヨガ、ぼちぼちダイエット、仕事のことなど、アラフォーな日々のつれづれを綴っております。すあまが大好物です。

今年の箱根駅伝

応援していた青山学院大学が優勝して、ほんとに嬉しいです。

昨年の優勝時は、うちの球団が2013年に日本シリーズ制覇した時のような、"得体の知れない、神がかり的な勢い"があったような気がしたのですが、今回はそういう勢いや運というよりは、追われる者の重圧やケガとの闘いなどを経て、選手の皆さん一人ひとりが自分に出来るベストを尽くしてチーム一丸で優勝を勝ち獲った感があって、感慨深かったです。この2日は朝からテレビにかぶりついてました。楽しそうに走る姿は、ほんとにいいですね。

青学選手は、上半身がぶれずに腕がしっかり振れていて、ストロークも長くて、かる~く飛んでいるように走るんですよね。あれは、かなり体幹が鍛えられていていないとできないはず。あと、その体幹と下肢との連携。神野選手が疲労骨折していて走れない時に、それまでにも増して体幹トレーニングをしていて、いつのまにか他のメンバーも、神野選手と一緒に同じトレーニングをやるようになっていた...みたいなことをアナウンサーが話していましたが、そういうことの積み重ねが実を結んだのかな...と素人目ながら思いました。彼らのRUNは憧れです。

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

青トレ: 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ

 

この本、持っているのですが、最初の腹横筋を動かすところで挫折していました(青学の選手でも完全マスターまでに数ヶ月かかっているそうです...)。もう1回チャレンジしてみようかな・・・。

そして、日体大の秋山選手の6区・区間新もすごかった。20.8kmが58分9秒って、1kmを3分位で走っているのか...。なんてこった  _(┐「ε:)_

 

青学ファンにはこちらもおすすめ。サラリーマンとしても学ぶことが多いです。

魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日

魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日