ときたま蟹工船生活~10月にはサブ4ランナー~

ときたま蟹工船生活をしているTV業界出身のWeb Directorです。トータルワークアウトでのトレーニング、ランニング、ヨガ、ぼちぼちダイエット、仕事のことなど、四十路な日々のつれづれを綴っております。福島県福島市育ちで、すあまが大好物です。次の目標は、金沢マラソンでサブ4達成!

【初フル:2018 静岡マラソンレポート】前編

初フルマラソンとなった、2018/3/4 静岡マラソンのへっぽこレポート 前編です。

 

まずはじめに...

はてブロ用ニックネームとidを適当に決めたことを、今更ながら大後悔中...。

ブログきっかけで知り合った方に「アザゼルさん」とか「蟹工船さん」とリアルに呼ばれることは全く想定していませんでした。蟹工船ってどうなのよ。

他の女性ランナーさん達のように、かわいい動物名とか、女性らしいニックネームにしておけばよかった(T_T)

しかも、本家のよんでますよアザゼルさんは、ギャランドゥの♂悪魔なので、昨日の中部地区はてブロランナーさん達の間で、この人は男なのか女なのか疑惑まで浮上していたらしく...  体型が似ているという理由だけで、安易につけたニックネームでした。誤解を招いてすみません...。

とはいえ、もう引き返せぬ道。はてブロでは、ニックネーム「アザゼル」で頑張ることにします!
頑張るところを、明らかに間違っている感は否めませんが。

 

気をとりなおして、昨日の静岡マラソン へっぽこレポート 前半です。

 

●前日

東京からの当日入りは時間ギリギリなので、前泊することにしました。エントリー前に宿予約はしていたのですが、すでにスタート地点:静岡駅近辺のホテルは満室...(T_T)。静岡から東海道本線で10分の清水駅近くのホテルをとりました。

f:id:kanikosen:20180305162134j:image

清水は、ちびまる子ちゃんとエスパルスの街なのですなー。

 

14:03東京発のひかりに乗り、15:04に静岡着。その後JR東海道本線に10分ほど乗って清水に移動し、こちらのホテルに15時半前にチェックイン。


 

駅から徒歩2分。外装やフロントはちょっと古めですが、室内は綺麗に改装されていて快適、スタッフの方の対応も良くて◎でした。

あとこれは後から気づいたのですが、静岡マラソンは静岡市役所前スタート→JR清水駅前ゴールなので、清水泊だとホテルに荷物を預けておけて便利です。清水駅前から渋谷・新宿への高速バスもでているので、私はバス(2300円くらい)で渋谷まで帰ってきました。所要時間は3時間弱ぐらいです。

 

海鮮丼やお寿司を食べたい気持ちを抑え、消化の良いパスタを夕飯に。 f:id:kanikosen:20180305162255j:image

静岡にまで来て、まさかのサイゼリヤ。背に腹はかえられないから、しょうがない...。

でも、ちゃんと食べなきゃと思いつつ、結局パスタの麺は半分位残してしまいました...。あさりとほうれん草のソテー、シェフサラダは完食!

夕飯帰りに、ローソンでおにぎり2つと野菜ジュース、レモンケーキ1つを調達し、22時前に就寝しました。

 

●当日朝

3:45起床。いつものストレッチをして4時ぐらいから朝ごはんを。しかしながら

朝早すぎて、全然食べられない...(´・ω・`)

シーチキンのおにぎり1コと、東京から持参した小さいマドレーヌ1コを、トータル・ワークアウトの経口補水液で無理やり胃に流し込みました。

 

その後チェックアウトをし、5:40清水発の東海道本線に乗っていざ静岡へ!車内はランナーだらけ。しかもガチ系の男性ランナーばかり...。制限時間内に走り切れるかどうか、一気に不安になってきました。

 

6時前には静岡駅に着き、お堀のある駿府城公園へぞろぞろと歩きます。歩いているうちに夜が明けてきましたが、まだ寒い...。ベンチに座って、バウムクーヘン半分をなんとか食べていたら、TBS?のスタッフに質問されました。

「なんで静岡マラソン走るんですか?」

とか突然聞かれてもこまるよ。最後にゼッケン番号を聞かれたので、一気に不信感マックスに(;¬∀¬)  インタビューの仕方が素人すぎるっ!

 

その後一度トイレに行き、7時少し前にはてブロ陣地へ。写真でしか見たことがなかったオレンジのチーム・はてブロのぼりを生で見て感動! はじめましてのご挨拶をし、シューズ円陣&記念撮影を。皆さんとても優しくて、素敵なランナーでした!

f:id:kanikosen:20180305162320j:image

 

こちらの写真はネムネムさんのブログから拝借しました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/otokonodiet/20180304/20180304151606.png

皆さんの高速パワーを勝手におすそ分け頂き、初フル前の不安な気持ちが一掃されて、一安心。

 

7時20分くらいには解散し、それぞれのスタート待機場所に行きました。私は一番うしろのFブロック。装備は、暑くなりそうだったので、はてブロTシャツ+アームスリーブ+ショーパン+SKINSタイツ+NIKE ズームフライで。

 

BCAAが6310mg入っているシトリックアミノをスタート30分前に飲み、アミノバイタルは手持ち(これはトータルワークアウトのサブ50トレーナー:マラソン神のアドバイス)、SAVAS PIT IN 2つ、グリコのBCAA1つはショーパンのポケットに入れました。ウエストポーチにはロキソニンやスマホ、ショッツ×2を入れていましたが、長時間の腰への負担を考え、重めのジェルはウエストポーチには入れずになるべく軽くしました。

f:id:kanikosen:20180305184318j:image

ショッツは結局飲まなかったです。エイドに夢中になりすぎたかな...。

 

20分前くらいに再度トイレに行き(すいていました)、いよいよスタートです。

 

※私のガーミン計測が途中でおかしくなっていたので、ランナーズアップデートの5kmごとのラップを記載します※

●スタート~5km(0:33:54  キロ6:46ペース)

f:id:kanikosen:20180305201446j:image

8:31:31にスタート。さすがにFブロックだけあり、スタート地点まで11分以上かかりました。トレーナー氏には、最初は6分40秒くらいでいいと言われていたのですが、もう少し速く走っていた気がします。脚の疲れもなく、良い感じ。ただ、まわりに似たようなペースの人が見当たらず、自分頼みのRUNとなりました。

そして、2kmぐらい走ったところで、「あれ、私トイレに行きたいかも」と思い始めます。少し前に行ったばかりなのに!なんてこと!! 経口補水液飲みすぎたかしら。

2.4km、3.6km地点のトイレは見つけたのですが、どちらも10人以上並んでいる...。ここで時間ロスするのは嫌だったので、仕方なく我慢して走り続けました。

その後少し走っていたら、ガソリンスタンドらしきところに、トイレがあるのを発見!しかも誰も並んでいない!!というわけで、ダッシュで向かいます。個室は満室だったものの待ち時間は1分程度ですみました。

ロスタイムは3~4分ぐらいでしょうか。上記( )タイムはトイレ時間も含んでいるので、実際は6分ちょっとのペースで走っていたと思います。私の実力的には、飛ばしすぎたなー。

 

●5km~10km(0:31:33  キロ6:18ペース) f:id:kanikosen:20180305201502j:image

トイレに行けてスッキリしたので、快調に進みます。手持ちのアミノバイタルを飲み干しました。沿道の声援も多くて元気がでます。

 

●10km~15km(0:31:50  キロ6:22ペース)

f:id:kanikosen:20180305201516j:image

平坦な道&声援も多く、引き続き快調。どんどん気温が上がってきたので、喉がかわいていなくても給水はすべて摂るようにしました。マラソン神のアドバイス通り、必ずスポーツドリンクを。

しかしながら、私には走りながら飲むスキルがなく....毎回立ち止まってコップを取り、歩きながら飲んでいました。速いランナーさん達は、失速しないで給水を摂るんだろうなぁ...。

 

●15km~20km(0:32:16 キロ6:27ペース)

f:id:kanikosen:20180305201544j:image

はてブロランナーさんたちとすれ違うかなーと一瞬思ったのですが、よく考えたらみなさんはAとかBブロックスタート。Fブロックスタートの私とすれ違うわけがありません。案の定向かい側はEブロックのランナーばかりでした。

私は少しペースが落ちたものの、そこまで疲れてもおらず「あれ、もう20km?!」というのが正直な感想。これまで走ったハーフマラソンの時は、15kmすぎるとしんどかったのに! ハーフに比べると少しペースが遅いのもあるけど、ちょっとは走力もついたのかも♪と、少し嬉しくなりました。

 

が、そう甘くはないのがフルマラソン。後半に続きます....。

 

本家のアザゼルさんの本名は「アザゼル篤史」!

▼いつもご覧頂きありがとうございます!ポチッとして頂けると励みになります▼

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ