ときたま蟹工船生活~今年こそサブ4ランナー~

ときたま蟹工船生活をしているTV業界出身のUI/UX Designerです。トータル・ワークアウトでのトレーニング、ランニング、ヨガ、ぼちぼちダイエット、仕事のことなど、四十路な日々のつれづれを綴っております。次の目標はサブ4達成!

ダンベル何キロ持てる?と、神推しランナーのとりとめのない話

今年初のブログ更新です。(Keikoさん書きましたっ^^)

12月から、仕事が史上最高に蟹(工船)すぎて、睡眠・疲労回復時間の確保と、マラソン練習時間の捻出の両立が全くうまくいっていません。多分あと1年くらいはこんな蟹調子かと思います。もう腹をくくりました。

 

東京マラソンまであと1ヵ月。

今週末は守谷ハーフマラソン。仕事の状況と疲労具合でDNSにするかもですが再来週末は青梅マラソン。

とにかく完走、あわよくば亀足ランナーとしてのPB更新を目指して走るつもりです。具体的なタイムを狙うのは、今シーズンはあきらめました!

 

以下は、何の生産性もない、ここ1ヵ月のアザゼルトピックス3つです。

 

ジムのWi-Fiが使えるようになり、トレミランが快適に!

これまではずっと音楽を聴いて走っていましたが、ギガを気にせず、サクサクと動画を見られるようになったのはありがたいです。

ひろしま駅伝や大阪国際女子の動画配信を見ながら走ったら、かなり気持ち良く走れました!

あとは昨年秋に『全裸監督』 をみるために加入したNETFLIX。予想以上にいろんな作品があって楽しい。最近は、こちらを見ながら走っています。

f:id:kanikosen:20200202183430j:image

『ダンベル何キロ持てる?』

夏ぐらいから話題になっている、女子高生が主人公の筋トレコメディアニメ。ベーシックな筋トレメニューの詳しい解説や、筋肉の説明などもあるので、なかなか面白くてためになります。私はこれまで学んだいろんなことを思い出しながらみています。

dumbbell-anime.jp

私はダンベルローイングの25ポンドが上限かな…。

自重トレもいいけど、やっぱり重さをつけてやるマシン筋トレの効きは抜群です。

いつも、ランニング・マイスター氏に「重いんですけど...」「今日(メニュー)まわるの早くないですか?」と、文句ばかり言っていますが、週2回続けているとそれなりに筋力がついてくるものです。

ほんとこれ。筋トレが大好きな訳でもないのですが、筋トレができない日が続くと、超ストレス。

そして私は、どうやら「ハムつよ(=ハムストリングスが強い)女子」にはなったらしい?ので、今は腕振りのための上半身メニューと、可動域を広げるひねり系メニューに取り組んでいます。

 

ここから話題が変わりまして、神推し中のランナーに関するミーハー話です。

 

●大迫傑選手(以下すぐるさん)の公式アプリが良い!

昨年末にリリースされた、すぐるさんのアプリ。

f:id:kanikosen:20200202220609j:image

なんだこの高度と高低差…

すぐるさん神推しのアザゼルさんは、月額500円課金済み。課金しないと動画は見られないようです。

プロのランナーが日々どんなトレーニングをしているのか、何を食べているのかって、これまではテレビの密着番組や雑誌で断片的にしかわからなかったと思うのです。

でも、すぐるさんのアプリには「こんなことまで教えちゃっていいの?」レベルで、彼の日常がどんどんアップされてゆきます。練習メニュー、日常の食事、ストレッチやコアトレの動画(これから筋トレもUPされるらしい!)....。

運が良ければ、質問にもコメントをくれます。

日本のランニング業界を変えてゆこう、若者からシニアまでランニングの裾野を広げてゆきたいというすぐるさんの想い、かっこいいっ!!

 

●1月は、われらが ふくすまの星  相澤晃選手がかっこよすぎました。

1月は箱根駅伝とひろしま駅伝で、東洋大4年 相澤晃選手(以下相澤姐さん)の大活躍が見られて幸せでした。

f:id:kanikosen:20200202182559j:image

普段はニコニコしているのに、いったん走り始めると日焼けし、鍛え上げたボディがキラキラ光りだし、馬並みのサラブレッドの風格が漂う。というか、馬を通り越して、搭載エンジンが違う!日本人離れしている、ダイナミックなランニングフォームに惚れ惚れ

箱根駅伝2区での、東京国際大・伊藤選手とのランデブーは、何度でも見れちゃいます。

bunshun.jp

しかも相澤姐さんは後輩に優しいのです。

これは良い意味でほんとーにズルイです。東京五輪 10,000mに是非とも出てほしい!

 

あ、後輩に優しいといえば、設楽悠太選手も。

設楽選手は、30km以上は練習では走らないとか、お菓子大好きとか、MGC最初からぶっ込むとか、イマイチ何を考えているのかわからない不思議ちゃんキャラのイメージだったのですが、お正月くらいから、アザゼルさんの悠太株がうなぎのぼりです。

ニューイヤー駅伝のこのシーン覚えている方おりますでしょうか?


ニューイヤー駅伝2020 設楽悠太、苦しむ後輩の高久に自らの後ろにつけと指示を出す


最終的に、高久選手に抜かれてしまうのですが、そんなの関係ないんです。無条件でかっこいいっす。

そして先日のひろしま駅伝でも!

ついでに言うと、後輩である 相澤くんへのコメントもステキ。

すぐるさんのファンとしては、東京オリンピックの残り1枠の争いはかなり悩ましいですが、彼にもできるだけ長く競技を続けてほしい。

マラソンって、個人種目でありながらも、選手同士が仲良くて切磋琢磨しているんですよね。相澤姐さん&伊藤選手をはじめ、ケニアでは大迫選手と神野選手が合同練習しているし、フィギュアスケートや水泳選手たちの間にある空気感とちょっと似ている気がします。

そしてそんな様子を見つけて、フフフッと楽しむのがやめられません(完全にどうかしてる)。

 

1月は毎週のようにマラソン中継があって(昨日の別大は見れませんでしたが!)、たまらなかったです。

 

あと、まったく話が変わりますが、走力不相応であることを十分に認識しつつ、年末にこのこを買ってしまいました!相澤姐さんともお揃いです。

f:id:kanikosen:20200202182925j:image

もったいなくてまだはいていません。今週末のハーフでデビューかな。

ここ数年、ナイキのシューズだけをはいていたら、他のメーカーのシューズがはけなくなってしまいました。二度とは戻れない道~。 

 

▼いつもご覧頂きありがとうございます!ポチッとして頂けると励みになります▼

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ