ときたま蟹工船生活

ときたま蟹工船生活をしているTV業界出身のWeb Directorです。トータルワークアウトでのトレーニング、ぼちぼちダイエット、仕事のことなど、アラフォーな日々のつれづれを綴っております。

結界?ジム

昨日今日で、あちこちでやたらみかけるこちらの記事。

nikkan-spa.jp

言わんとしていることは、わかります^^。

ただ、私が通うトータルワークアウトは、パーソナルトレーニングが基本で、東京はスタジオレッスンがなかったりするので、お客さんの分類は、ちょっと事情が違う気も...。

記事では、スポーツジムに訪れる方々を、下記のように分類していたのですが

(1)運動不足のサラリーマン
(2)自分磨きOL
(3)暇を持て余す主婦
(4)脂肪が全然ないおじいさんおばあさん
(5)筋肉マニア

私が思うに、トータルワークアウトは下記かと。 超勝手に、ざっくりグルーピングしてみました。

(1)完全ダイエット目的の男性/女性・・・毎年5月-8月に急増して、秋が深まるにつれて消えてゆきます。痩せてビジュアルが変わったからなのか、辞めたからなのかは不明。

(2)健康で若々しい肉体をキープしたいor鍛え上げたい殿方たち・・・経営者とか役員とか、ジムの外ではきっと偉い人なんだろうなと思う。筋肉マニアまではいかないです。皆、年収高そうな雰囲気^^

(3)長年通い続けているご年配のマダムたち・・・トレーナーさんとのおしゃべりメインの方がいる一方で、ガチなトレーニングをやっている方もいます。

(4)お金と時間に余裕があるor工面できる 3、40代の女性・・・会社員の方が多い雰囲気ですが、職業不詳の方も...。トレーニングの目的は、見た目のボディメイク、スポーツスキル向上などいろいろありそうです。

(5)筋肉マニア・・・ヒルズ店はフリーで来ている外国人も多し。

(6)芸能界の方々

(7)スポーツ選手、スポーツキッズ、お仕事でスポーツに携わっている方(インストラクターさんとか)

もちろん上記の項目のミックスな方もいらっしゃいますし、法人会員っぽい方や、少し前の私のように、リハビリをしている方も時折お見かけします。パーソナルトレーニングが主体なので、お客さんも皆モチベーションが高いところが良いですね。男性と女性では、男性の会員さんが圧倒的に多いです。スタジオレッスンがないからかなぁ。

フリーウエイトコーナーが異常な雰囲気を醸し出しているのは、筋肉マニアたちによる見えない仲間意識が結界のように見えるだけであって、入ってみたものにしかわからない安心感・居心地のよさがそこにはある。フリーウエイトエリアはスポーツジム内のパワースポットである。

これはないです。しいて言えば、ジム全体が結界なのかな。入会するまでは敷居が高かった...。パワースポットかどうかはわからないけど、一度慣れると、かなり楽しくて居心地が良い空間です。

そして、アンダーアーマーは着るけど、自主筋トレは絶対やりません!